FC2ブログ

クレーター of レッドカラー③

スクラッチシールドという塗装があります。

浅い傷であれば熱によってキズが修復するという塗装。
カラクリは柔らかいクリア塗装。

それってメリットばかり?いえ、容易にクレーターが発生することがあります。(塗装が凹状に傷んでしまうまで時間が通常の塗装より早い可能性)

IMG_1586.jpg

ボコボコがひどい場合はコンパウンドだけでは効率が悪く、へたをすればその落差が変わらないまま薄くなることもあるので、一度サンディング(ヤスリである程度平にしてから磨き上げる)してから磨いていきます。=お見積もりで+αとさせていただいている部分です。

しかし、スクラッチシールドはその特性が故にサンディングのペーパーキズを消すのに一苦労。=付いたキズは消しにくい。 今回は浅いこともあり、ややリスキーなのでやりません。


人によって使い方が違う中でも平均的に扱い易くなければ・・という自身の考えからすれば、この塗装、少々扱いづらい気がします。

仮に、

・汚さない、汚れても即時に洗う
・洗う時は一瞬でも乾かさない(=水道水に触れさせない)、少しでも陽が出たら洗わない(乾かなくても水温上昇でカルシウムスケールの固着(白い輪っかウロコの1つ)
・スケールができたら即時に除去。

これができれば防止できそうですが・・これでは気を使いすぎて大変です。
(注:普通の塗装でも陥没は起きます)


美観はキズだけが左右するわけじゃない・・。むしろ厄介なのはどっち??

※あくまで個人的な意見です(^^;

IMG_1585.jpg

続きます。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

[タグ未指定]
ブログ内検索
Shop Info


富士市の洗車・コーティング専門店
NEWENTRY ニューエントリー
富士市南町7-32
OPEN.9:00 ~ 18:00
定休日.月曜日、第2・第4火曜日
他不定休あり
℡.0545-67-1505

イオンデポジット軽減に!
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ