FC2ブログ

洗車や磨きetc・・

IMG_1107_convert_20150418173821.jpg

アウディS6とヴェルファイアの洗車。
ご依頼ありがとうございました!!
どちらも綺麗にキープされています☆

IMG_1109_convert_20150418173831.jpg


そしてコーティングの下地処理。水ジミ除去中。

IMG_1111_convert_20150418173841.jpg

IMG_1112_convert_20150418173851.jpg

水ジミは水の中のいくつかのミネラル分が原因ですが、
なかでもはっきりと頑固についている水ジミは、"一般的"に水道水で間違い無いと思います。

お客様には電気ポットでよく例え話をしますが、ポットの底の白い石状の水垢はやはりミネラル分のひとつなのです。でも誰もがポットを空焚きして付いたわけでは無い・・。(空焚きセンサーとかついてますからね)

ではなぜ付くのか・・?
そのとあるミネラル分は水温が上がるほど沈殿してしまうからです。


車はどうか・・。


水ジミに関してはコーティングをしていても、していなくても付き方に差はあれど付いてしまいます。
(コーティングは塗装の身代わりであり、いろんな外的を付着をしにくくするものです。きちんと使えば数年後に絶対に綺麗に差が出ます。)

例えば「炎天下では洗車をしないでください」・・コーティングの説明書でよくみかける文言です。

なんとなく「炎天下だと乾きやすいからなのかな?」とは思います。
でも「乾かさないでちゃんと拭けば大丈夫だろう。」
という誤解も時に生む可能性もあります。

ポットの話を思い出してください。なぜ炎天下はダメなのか、もしかしたら炎天下でなくても同じ現象はおこるのでは??最終的に拭けば付かないのか・・


何が言いたいかというと、
この水ジミやそれが悪化した塗装ダメージでのご相談は既にコーティングしている方も多く、車に対して関心が高いからコーティングをしたのに、ユーザーは一番厄介な水ジミの付着メカニズムをきちんと説明してもらえなかったという現実があるのです。

撥水とか親水とか、ガラスとかポリマーとか・・成分単体の性能の話より大切な事なのに・・です。

きちんと取り扱いを説明してアフターケアを用意して初めて商品となるのではないかと思います。


長くなるのでこの辺にしますが、自分自身は買う前より買った後の使い方についての説明が充実していたり、アフターが楽しみになるところで買い物したいと思っています。



研磨の様子です。

IMG_1113_convert_20150418173901.jpg

IMG_1115_convert_20150418173910.jpg

IMG_1116_convert_20150418173921.jpg

明日も続きます。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

[タグ未指定]
ブログ内検索
Shop Info


富士市の洗車・コーティング専門店
NEWENTRY ニューエントリー
富士市南町7-32
OPEN.9:00 ~ 18:00
定休日.月曜日、第2・第4火曜日
他不定休あり
℡.0545-67-1505

イオンデポジット軽減に!
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ