コーティングの謎

こちらは当店店主の個人的見解です、内容は順次更新されます。


<11>5年の謎
コーティングにはよく5年という数字が付いて回ります。
しかし商品自体は続々新商品が登場しバージョンアップ・機能アップを謳い、価格も上昇しているケースが多いです。
かつて盛んに売られていたポリマー〜特に耐久性が高いと謳われている昨今のガラスコーティングに至るまで、「5年」という数字が増えていかないのは何故なのか・・・
確かにコート剤成分単体としては残存可能かとは思いますが、コーティングに求める「美観維持」という観点でいえは、実際は環境やお手入れ、カラーなどで大きく左右されるのため一括りにするのは難しく、これは車のカタログ燃費と実燃費に関係が似ています。
(ある意味では当然の結果であると思います)
それよりもまず最大限防汚性能を有効に使うお手入れ方法や、メンテナンスをきちんと受ける方が現実的で、そうすれば5年もリアリティある結果になるのではないかと思うのです。

<関連情報>→yahooに移動します。


<10>アフターサービスは?
ディーラーでコーティングして保証書(施工証)を読んだ方はわかるかもしれませんが、5年保証は「1年に一度の点検」を必須としているものがあります。しかし車を定期点検に出した時、コーティングの点検をしてもらった方がどの程度いるでしょうか?
たぶんどのお客さんがコーティングを購入、また点検したか履歴は残っていません。(ステッカーはあるかもしれませんが)
試しに点検は何をするの?と聞いてみてください。即答できる人は少ないと思います。また、ご自身の車はこのコーティングしていますか?と聞くのもいいと思います。
また、商品によってはメンテナンスクリーナーという小さな液体入り容器を渡しユーザーにアフターを委ねるものがありますが、使い方をきちんと教わって納車される人がどのくらいいるでしょうか?
きちんとメンテナンスクリーナー使わないと鱗状の水ジミ付着リスクは高まりますし、保証条件も外れてしまうと記載されています。また継続して使うには量が少なすぎるので買い足すことがなければそれは嘘です。



<09>高純度無機ガラスコーティングありきの風潮
ガラスコーティングの始まりは半導体の表面処理に使われていたものの転用と言われています。
一見すると固まって強そうだし、ガラスは劣化しないだろうとユーザーを惹きつける特徴がいっぱいです。
しかしながらガラスは鱗状の水垢を寄せ付けやすく、ご家庭ではお風呂の鏡が鱗だらけになって困った方もいるのではないでしょうか?
現実に完全無機という商品が減り、有機無機ハイブリッドへ移行しているのもその証拠だと思います。それどころか完全無機ガラスの代表格であったメーカーが今では有機タイプを開発しています。それは何を意味するのでしょうか。
車のウィンドウガラスに鱗がつくのを嫌ってフッ素などをコーティングするのに対し、その鱗のつきやすい「ガラス」をボディ施工するのですから少々気をつける点はあります。(上手く使う必要や皮膜のレイヤー構成)

流行りや売りやすさなどもあるのかもしれませんが、日頃のお手入れはエンドユーザーが自身で行うケースがほとんどですので、デメリットも考慮してカラーや塗装状態と合わせて選定しないと、結果として扱いが難しく可能性があります。


<08>ついた汚れが取り除けない?
コーティング上に雨染みなどのスケールがついた場合、削らずに落とすには酸性ケミカルの使用が有効です。
しかし水ジミ(スケール・無機汚れ)はガラスコートと相性の良いから付着するので、そのスケールだけを分解しようとしても高純度の無機ガラスコートであると少なからず一緒に除去されてしまいます。
また研磨によって磨き取るメンテを行うところもあります。それでコーティングがどうなってしまうかは・・・もうおわかりですね。
きちんとメンテナンスできるかが実は重要で、それではじめて何年持ったかに繋げられると思います。


<07>コーティング剤は全て一緒でよいか。
例えば車には様々なカラーが存在します。一番わかりやすい例でいうと、黒は傷や水ジミがつきやすいとよく言われます。
一方白系は比較的油脂汚れ(水垢)付着が目立つ傾向にあります。
それがわかっている施工店ほどカラーや車両ごとの経験値に基づいて使い分けています。
また塗装状態によっても考慮しなければなりません。(中古車と新車が同じ状態であることはないはずです)


<06>高いから良い?
ある時、輸入車系ディーラーで十何万する良い(?)新車コーティングをしたから、洗車だけやってくれる?なんてお問い合わせをいただきました。もちろんYESです。
しかし、しばらくしてご依頼を受けた内容は洗車ではなく、大量の水染みの除去でした。(コーティングによっては少なからず一緒に除去される可能性がある・・とご説明した上でメンテナンスしました。)
いかに高く値付けされていても、日々のお手入れ次第で支払ったお金の価値は変わってしまうと実感した出来事でした。
「特定の商品」でなくては嫌だと言われた場合、それはそれで仕方がないと思っていますが、流通ルートのどの段階から仕入れるのか、また施工にかかる過程(自社施工なのか外注なのかなど)によっても値付けは変わることも認識しておくと良いでしょう。


<05>親水だから水ジミにならない?撥水だから汚れない?
親水コーティングは水玉を作りにくいのでシミになりにくいというと一理ありますが、もし水が小雨であればその形でスケールが付着することはあります。水分中のスケール要因の凝縮が起こりにくいのは事実ですが、親水状態を保つのは結構難しく、空気中の排ガス等の油分や洗車時のタオルに油分があると弾きは出てしまいます。
一方撥水は水を弾くから汚れないかというとそれは違って、試してみると分かりますが親水の方が自浄作用がありますので汚れにくいと思います。(見た目の気持ちよさで撥水が好まれる割合が多いです)


<04>水洗いだけでOK?
これに関してはNOです。水で落ちるという言葉に良いコーティングと感じるのか、はたまたワックス時代に洗剤を使いすぎると落ちてしまうという様な考えがあったからかは分かりませんが、コーティング面の排水性(撥水など)は表面が綺麗であって成り立つものです。
水洗いだけ・・というのは油汚れが付着した食器を水で洗って綺麗になりますか?という様なものです。
コーティングは塗装の代わりに汚れを受け止めていますので基本的には汚れをきっちり落とすことで表面特性が回復することになります。(コーティングを傷めるphの洗剤は良くありません)
撥水低下に関しても同様で、スケール(水ジミ)が付着しているから撥水低下を招くのであり、それを除去せずに撥水剤を塗りこむことは汚れを挟み込むだけです。そんなことをしなくてもきちんと除去をすればちゃんと水は玉状にまとまろうとします。
水なのか、中性カーシャンプーなのかケースバイケースで良いかと思います。


<03>コート剤が塗れない?
塗装状態によってがある種のコーティングが塗れない場合があるのをご存知ですか?
正確には塗りこむだけで傷が入ることがある、です。
ごく一部のデリケートなカラー、また塗装の痛みが激しい車両や研磨を複数回行われた濃色車は、塗装が軟弱になっているためレベリング(拭き取り)だけで容易に傷が入ってしまったり、コート剤の吸い込みが激しくて思うような皮膜ができないことがあります。
これは見極めが必要で、状態もわからないまま「この(流行りの)〇〇コートが一番!」と一律に勧めてしまうのは疑問です。


<02>洗車は回数が多い方がいいのか?
これはコーティング後、お客様みなさんにお話しさせて頂いているのですが、うまくできるのであれば汚れはマメに落とす方が良いでしょう。
しかし洗いすぎで洗車傷、水道水によつスケールなどを増やしてしまう様であれば、月1回ないしは多くても2回程度にとどめておくのが無難かもしれません。
意外と思われるかもしれませんが、経験上当店に傷やカルキ染み(正確にはカルシウムスケール・イオンデポジット)でご相談に来られる方の多くは、車の洗い過ぎを改善するのが一番の防止策だろうなという印象を持ちます。(消去法での改善策として)


<01>市販品でいろいろやっているから綺麗か?
一概には言えませんが、作業をする側から言うとあまり手をかけていない車の方が楽に作業ができる傾向があります。
理由としては当店にご相談いただく前に市販品でDIYした結果、深く傷を入れていたり、傷を隠そうと何層にもコート剤やWAXが塗られていたり、汚れをきちんと洗浄しないままミルフィール状に汚れ→コート→汚れとなっていたりというケースが多々見受けられ、一筋縄ではいかないケースが見られます。
ネットなどでは様々な情報が混在していますからあまり鵜呑みにしない方が良いこと、ご自分でなんとかしようして失敗〜結果ショップに依頼となると余計な出費にもつながりますので、ご自身で何かするとしてもまずはプロショップに相談すると良いと思います。

こちらは当店店主の個人的見解です、内容は順次更新されます。
スポンサーサイト

テーマ : 静岡県
ジャンル : 地域情報

特定商取引法に基づく表記

<販売業者>
ニューエントリー 佐野 義明

<運営責任者>
代表 佐野 義明

<郵便番号>
417-0026

<住所>
静岡県富士市南町7-32

<商品代金以外の料金の説明>
・送料(送料無料のものを除く)
・商品代引手数料 ¥432
・銀行振り込み手数料

yamato_price.png
送料一覧(サイズにつきましては各商品ごとに表記しております)

※当表記に記されているの「商品代金また商品以外の料金」のお支払い方法等は通販洗車用品のことに限り、店頭でのコーティング施工料金等はこれに該当しません。

<不良品>

使用不能の破損等が見られた場合は商品到着後8日以内に弊社へご連絡ください。配送事故の可能性がある場合は運送会社へご連絡願います(運送会社へは24時間以内にお願いします)その際、必ず配達伝票を保管し、商品を未使用のままで梱包もそのままにしてください(弊社からも運送会社へ確認致します) なお、期限を過ぎた場合、理由を問わず一切、クレームを受付けられませんのでご了承ください。

<販売数量>
商品の販売数を限定する場合がございます。商品ページにてご確認下さい。

<引渡し時期>
お客様からご注文を頂いた後、当社よりお客様へご注文内容のご確認(合計お支払い金額等)のメールまたはお電話を差し上げます。メールアドレスに不備があり確認メールが送信できなくても代金引き換えの場合は受注頂いた時点でオーダー確定となり3営業日以内に発送致します。銀行振込の場合、お支払いが確認出来次第3営業日以内に発送させていただきます。(共に受注生産品を除く)
迅速な発送を心がけますが、受注生産品はオーダー頂いた日を含め7〜10日営業日ほどかかることがあります。また、オーダー時には自動で返信メールが送られます(送られて来ない場合はメールアドレスの受信に不備がある可能性がございます)お支払い後の商品注文のキャンセルはお受けしておりませんのでご了承ください。

<お支払い方法>
商品代金は下記の方法でお支払頂けます。
・銀行振込
・代金引換:ヤマト運輸(国内のみ)、佐川急便 eコレクト(現金・クレジット・デビットカード・電子マネー選択可/国内のみ)

※当表記に記されている「商品代金また商品以外の料金」のお支払い方法等は通販での洗車用品のことに限り、店頭でのコーティング施工料金等はこれに該当しません。

<返品>
弊社による発送ミス、受注ミス、使用不可能な不良品等を除いて原則不可。 返品期限 お手数ですが、不良品による返品・交換は商品到着後8日以内に弊社へご連絡ください。その際、必ず配達伝票を保管し、商品を未使用のままで梱包もそのままにしてください。 なお、期限を過ぎた場合、理由を問わず一切、クレームを受付けられませんのでご了承ください。

<返品送料>
商品の破損、その他、当店の不手際により不備が発生した場合は、当店にて送料を負担いたします。

<販売店>
ニューエントリー

<電話番号>
0545-67-1505

<公開メールアドレス>
carwash.newentry@gmail.com

<ホームページアドレス>
http://www.newentry.info       
[タグ未指定]

業者様へのご提供について

業者様への卸に関しましては、定期的に台数をまとめてお買い上げ頂ける場合には割引させていただいております。
1台ずつ施工となりますので、ご予約順でのご案内となりますことをご了承くださいませ。


[タグ未指定]
ブログ内検索
メニュー
Shop Info


富士市の洗車・コーティング専門店
NEWENTRY ニューエントリー
富士市南町7-32
OPEN.9:00 ~ 18:00
定休日.月曜日(他休業日あり)
℡.0545-67-1505

   
ウォータースポット予防に!
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ